2019年10月から消費税が10%に!家づくりは今がベスト?

2019年10月より消費税10%となることが決まりましたね。

残念なことに消費税10%となるまでのカウントダウンはもう始まっています。

 

2019年10月から消費税が10%に!家づくりは今がベスト?

2019年10月から消費税率が上がることで気になるのが、大きな買い物となる家づくりは今のうちに作り始めるのがベストなのかそうではないのかということですね。

消費税が8%→10%と現在よりも2%と数字で見ると少し上がるだけではありますが、大きな買い物となるとそんなことを言ってはいられません。家づくりは言わずもがな高い買い物で何千万とかかります。

たとえば建物代が2,000万円の場合、以下のようになります。

  • 消費税が8%なら160万円
  • 消費税が10%なら200万円

差は40万円です。

元々の金額が2,000万円と大きいため、パッと見ると40万円ならそんなに増えてないんじゃという気がしないでもありませんが、40万円もあればよい家具・家電などが充分買えます。外構だって良いウッドデッキなどをつくることもできるんです。そう考えるとゾッとしますね。。。

さらにこれだけではなく外構費、引っ越し費用、家具・家電費用などかかってきます。それらにも消費税の影響はありますので、何百万単位で現在よりも金額が高くなる可能性もあるのです。

そのため家づくりは早く始める方が良いと言われています。

 

いつまでに家ができればいいの?

消費税が上がることで家づくりにかかる金額がかなり増額することがわかりました。そこで次に気になるのはいつまで完成すれば消費税8%で買うことができるのかですね。

ここが少し複雑になっているのです。

出典:価格.com

上のスケジュールを見るとわかるように、

2019年4月1日までに契約
2019年4月1日以降に契約し、税率引き上げの2019年10月1日までに家の引き渡しが済んでいる場合

が消費税8%となる期間です。

消費税率が低いうちにとお考えの方はこのどちらかにあてはまるようにしなくてはいけません。

しかし正直、②の6か月という期間で契約から引渡しまでというのは時間が少なすぎて難しいです。さらにいつもよりもかけこみ需要で契約する人が多く時間がかかると予想されます。

もし、購入した土地に上物があり取り壊す必要がある場合はもっと時間がかかるので気を付ける必要があります。①にあてはまるようにするほうが現実的です。

 

消費税増税前を狙って家づくりを急ぐ必要はないという意見も

しかし、これまで家づくりは今から始める方が良いのではと言ってきましたが、そうではないのではないかという意見もでてきています。

なぜならば、すまい給付金や住宅ローン減税があるためです。この2つがあるため、消費税の増税分はカバーできるので絶対に今家を買う必要はないと言われているのです。

急いで家づくりをしてしっかり考えることができず、満足のいかない家になると嫌ですしね。なかなかお金に余裕のある人でないと、もう一度家を作り直すということはできませんので。

すまい給付金や住宅ローン減税に関して、今後どうなるのか注目ですね。

 

まとめ

どうでしたでしょうか?

消費税増税となることでかなりかかる金額が増えることがわかりました。増税前までに間に合わせる方が得なように感じます。

しかし、すまい給付金や住宅ローン減税のことがあるので今家づくりを始めるのがベストと一概には言えないのが難しいところです。

一生に一度と言われる大きな買い物なのでよく考える必要がありますが、せっかくの家づくり楽しめなければ良くないです。

どのようにするにしても切羽詰まらないように余裕をもって考えていく必要がありますね。

\ポチっと応援お願いします!/