システムキッチン【ラクシーナ】の使用感。メリットとデメリット

我が家のキッチンはパナソニックの「ラクシーナ」です。

システムキッチンの中でもラクシーナはとても人気があります。

そんなラクシーナの使い心地や使用して感じたメリット・デメリットについて今回はご紹介します。

【泉北ホーム】システムキッチン プレミアムパッケージの標準は?泉北ホームのプレミアムパッケージのシステムキッチン 泉北ホームのプレミアムパッケージには標準で選べるシステムキッチンがいくつかあります...

 

パナソニック ラクシーナの特徴

まずはメリット・デメリットをご紹介する前に「ラクシーナ」について簡単にご紹介します。

他のシステムキッチンにはない、「ラクシーナ」の特徴にはこのようなものがあります。

  • トリプルワイドガス・IH
  • スキマレスシンク
  • スラくるネット
  • クッキングコンセント

ラクシーナの一番の特徴はトリプルワイドガス・IHですね。普通のコンロとは違い、コンロが横に3つ並んでいます。「これがあるからラクシーナを選んだ」という方が多いようです。

スラくるネットも他にはあまりない特徴だと思います。シンクの上に置くことができるカゴのことなのですが、洗った食器を置いたり、カゴをひっくり返してまな板を置くこともできます。

なんとなく「ラクシーナ」にはどのような特徴があるかお分かりいただけましたでしょうか?

それでは「ラクシーナ」を1年間ほど使用して感じた、メリット・デメリットについてご紹介します。

 

パナソニックの「ラクシーナ」のメリット・デメリット

私が感じた「ラクシーナ」のメリット・デメリットについてです。

メリット

まず、「ラクシーナ」のメリットについてです。「ラクシーナ」のメリットにはこのようなものがあります。

  • トリプルワイドガスでコンロの前と後ろに物が置ける
  • 温度の設定がしやすい
  • スラくるネットが便利
  • コンセントがキッチンの真ん中に設置されていて便利
  • スキマレスシンクで掃除がしやすい

それぞれ詳しくご紹介します。

トリプルワイドガスで前と後ろに物が置ける

トリプルワイドガスのおかげでコンロの前と後ろにスペースができ、物が置くことができるようになっています。

コンロが3つ並んでいるのが思っていた以上に便利です。コンロの前に作った料理をよそう前、よそった後のお皿を置くことができます。

料理を作っている最中に「お皿の置き場所がない!」というのはストレスになります。それが解消されるのは結構大きなメリットでした。

お皿だけでなく、調味料を近くに置いておくことができてパッと使うことができます。

トリプルワイドガスはストレスフリーで料理ができる設備になります。

温度の設定がしやすい

火の設定がしやすいのもラクシーナの特徴です。

我が家はガスで、ガスといえばひねるタイプの火加減調節しかないと思っていましたが、ラクシーナのガスコンロはランプで火の加減がわかるのでとても助かっています。

ひねるタイプの火加減調節だと弱火、中火、強火の違いがわかりにくいことがありますが、それがラクシーナだとわかりやすく料理がしやすいです。

スラくるネットが便利

スラくるネットはシンクの上に設置できる水切りカゴになります。

シンクの上に置けるので洗ったお皿を置くのにキッチンの上のスペースをとりませんし、洗った野菜を置いておくこともできます。

スラくるネットの下がシンクなので、そのまま水が落ちてくれてとても便利です。

また、スラくるネットをひっくり返すとまな板を置けるのですが、今までそのようには使っていません。キッチンが広いので使う必要がありませんでした。

コンセントがキッチンの真ん中にある

コンセントがキッチンの真ん中にあるのはとても便利で助かっています。

ミキサーやハンドブレンダ―をかけるときに近くにコンセントが差せるとコードが絡まることがなく、楽ですし安全です。

スキマレスシンクで掃除がしやすい

スキマレスシンクはその名の通り、隙間がないシンクになります。

すき間がないので、隙間に物が詰まることがないですし、細いブラシを使用して掃除をしなくて済みます。掃除をする際にはかなり助かっています。

デメリット

ラクシーナのデメリットにはこのようなものがあります。

  • スラくるネットが少し邪魔
  • 自動で火が弱まる

スラくるネットが少し邪魔

スラくるネットがシンクの上にあるので、シンクの隅までしっかりと洗うことができません。

掃除の間はスラくるネットを移動しなくてはなりません。その手間が少し面倒だと感じることがあります。

自動で火が弱まる

ラクシーナのコンロは設定した温度よりも鍋やフライパンが熱くなると、設定温度に近づくように自動で火の加減を調節する機能があります。

この機能は安全ですし、食材が焦げ付きにくくなり便利な機能です。

もちろん、高温で炒めるためにずっと設定した火加減のままにする設定はあります。

しかし、小さいフライパンなどは火が強すぎるのは危ないですし設定できません。それで何度も弱火になって、なかなか温まらなかったりするときがあるんです。

それが少し面倒くさいときがあります。

 

まとめ

ラクシーナの使い心地やメリット・デメリットについてご紹介してきました。

メリットばかりでデメリットと感じることはほとんどなく、ラクシーナにしてよかったと感じています。

本当に掃除が楽で使い勝手も良い主婦にありがたいシステムキッチンです。

\ポチっと応援お願いします!/